海上釣堀フィッシングレインボー
トップページへ戻る
釣堀施設 放流魚種 釣果情報 釣果写真 料金案内 交通案内
初めてのお客様
釣具と仕掛け編
釣りエサ編
予約状況確認
予約申し込み
厳選リンク

携帯版サイト


【お問い合わせ先】
〒919-1126
福井県三方郡美浜町日向
フィッシングレインボー 永井

予約専用:090-3293-0427
FAX:0770-32-2427
事務所:0770-45-2841
f-rainbow@fishing-r.com





釣堀で使いやすい釣竿や道具そして仕掛けについて説明します。


『海上釣堀で必要な物(手ぶらでご来店の場合)』

@釣竿・リール・・・貸し竿(仕掛けつき)1本1500円交換仕掛け代込み

B釣り餌・・・各1パック300円(ダンゴ、オキアミなど) ひとり2パックくらい

Cタモ・・・無料貸し出し

Dスカリ・・・無料貸し出し

Eクーラー・・・スチロール(氷付き)大1000円、小700円

F氷・・・1バケツ300円

【釣り道具編】

両軸リール スピニングリール

竿

■竿は3〜4.5mの長さのものが使いやすくていいと思います。。真鯛用の少し短いものと、青物用の少し長いものを2種類持って、使い分けると便利です。

■リールは両軸リールとスピニングリールの2種類のうち使いやすい方をセットしておくのが良いです。スピニングリールなら2000番以上のものを選びましょう。

■リールには用途にあった糸を巻いてください。ナイロン糸では、真鯛ですと3〜5号、青物ですと5号以上が良いです。PEの場合は、真鯛狙い2〜3号、青物狙い3号でいけます。海上釣堀専用の竿やリール、ラインも市販されています。ラインには傷がないかをこまめにチェックしておくと、思わぬところで切れることが少なくなります。


【釣り仕掛け編】


■ウキ
 2〜3号の棒ウキが使いやすいです。魚が掛かるとウキ止めがずれやすくなるので、しっかりしたずれにくいウキ止めを使うことがポイントです。ゴムタイプやウキ止め糸を二重にして使うのが良いでしょう。ウキ止めを上下させるこで深さを調整することができます。


■オモリ
 2〜3号くらいのクッション付きのものを使います。そして、アジなどの活きエサを使う場合はやや重めにしておくと隣の人とオマツリしにくくなります。ウキ無しの場合、オモリを軽くして調整することができます。


■ハリス
 マダイ狙いで3号くらい、青物狙いで4〜5号が良いでしょうつまり、マダイ狙いであれば、ハリスは細め、青物狙いであれば太目を使うことを心がけましょう。。青物の場合はスレに強いタイプの糸が必要です。人の仕掛とオマツリになる場合が多いためです。根掛かりした時のことを考え道糸よりも細くすると、オモリから下の部分だけが切れます。


■針
 マダイ狙いで、伊勢尼10〜12号くらい、青物狙いで伊勢尼12号以上、ヒラマサ針14号くらいを使います。

海上釣堀セットなどの専用仕掛けなども売っていますので、ぜひチェックしてみてください。


 釣りビギナーの方にはウキ釣り仕掛けをオススメします。深さを一定に保ったり調整することができ、アタリも分かりやすいので良いです。
 ウキ無し仕掛けの場合、竿先でアタリをとるので、やわらかい目の竿を使うと良いです。また、食いが渋ってくるときはオモリ軽くし、ハリスを細くするのも有効手段です。


サイトマップ 管理人ルーム Copyright (C) 2008 Fishing Rainbow All Rights Reserved.